ハードルの高い申込=GIVE&TAKEを満たしていないお申込み

 

見込みがないお申込み・難しいお申込みというものがあります。

 

最近の傾向として「10歳近く年下の女性」を希望する男性、「年下の男性」を希望する女性が増えてきています。お互いのニーズがマッチしないためお相手から選ばれる可能性は限りなく低いのが現実です。年齢を補う飛びぬけた魅力がなければ不可能と思っていてください。

 

相手に求めること以上お相手に何を与えられるか?それが大事です。

求めるものが大きい程、それに見合うだけのメリットをお相手へ提供しなくてはなりません。

 

さらに交際継続や成婚へ進むのは超難関となります。ハードルは上がりっぱなしです。

プロポーズまでの道のりを考えると現実的ではありません。

 

見込みがないお申込み・難しいお申込みの具体例をご紹介します。

 

【男性からのお申込み】

 

10歳下の女性への申込は難しい。

女性は同年代の男性を希望する方がほとんどです。

 

基本的には同年代からマイナス5歳くらいまでの女性へのお申込みがお勧めです。7~8歳ぐらい年下までの女性に申込するのは受けてもらえるケースは多くはありませんが最初の内チャレンジしてみるのは構いません。が10歳近く年下の女性だと可能性は限りなく0です。

 

例外はあります。

 

いわば特別枠です。特別枠の男性とはどんな男性でしょうか?

 

他の男性には真似できない突出した魅力があるということです。

例えば年収や条件がとびぬけて良い(例えば年収1000万円以上など)、若々しく人目を惹く美男子である、コミュニケーション能力がずば抜けているなど。

(※その上にフィーリングや条件が合うことが求められます。どの女性にも好まれるということではありません。)

 

【女性からのお申込み】

 

年下男性へのお申込みは難しい。

3拍子揃ったお相手というのはほとんどいない。

男性は美しい年上女性より年齢を重視する方がほとんどです。

 

基本的には年下男性へのお申込みは交際や成婚の可能性がないと思ってください。

女性の年齢が35歳くらいまでの場合は1、2歳下くらいまでであれば可能性はなきにしもあらずです。

年下でなくても見た目・経済力・性格などの申し分ない、引く手あまたの男性希望する場合も同様です。

 

例外はあります。

 

いわば特別枠です。特別枠の女性とはどんな女性でしょうか?

 

他の女性には真似できない突出した魅力があるということです。

痒い所に手が届く気遣いや配慮ができるなど、他の女性にはない幸福感を男性に与えることができる。

男性を捉えて離さない魅力や飽きさせないやテクニックがある。

(※その上にフィーリングや条件が合うことが求められます。どの男性にも好まれるということではありません。)