お見合い申込は幸せの種まきです。全てはお申込みから始まります。時間がある時にこつこつマメに、習慣化することです。ご縁が繋がらないケースもありますが、こつこつ続けることで繋がるケースも必ず出てきます。 最初はまず近畿圏など近場の方へのお申込みから始め、様子を見ながら徐々に範囲を広げてみましょう。

「お見合い申込」の留意点いろいろ

①申込数の目安

お見合いが組めていない時期:1週間に20名くらいまで。その後は1週間に10名までを目安に、担当仲人からのアドバイスを参考にしながらマメにお申込みをして下さい。

②受諾率

申込後の受諾率はおおよそ1/10です。お受けしたくないという以外に受諾できないケースもお相手によって様々あります。お会いしたい方、気になる方には1~2か月ぐらい置いて再度申込もOKです。

③有効期限

申し込みは2週間が有効期限です。そのままお返事がなければ申込は自動的に不成立(申込無効)なります。

④申込後のキャンセル

申込して先方が受諾した場合は「お見合い成立」となります。申込後は原則的にキャンセルできません。お会いしてから断ることは可能ですので申込後、お見合い成立すれば必ずお会いするようにして下さい。

⑤日程の打診

お見合い成立後1か月以内の希望日程を出します。希望日時、数か所をお互いに打診します。1か月以内の日程を提示する決まりになっています。お相手に提示する日程が取れないなどということがないように注意して予定を詰め過ぎたりしないようにしましょう。

⑥スケジュール管理

お見合いスケジュールは移動時間等も鑑みて含め各自で管理下さい。予定がバッティングしないように注意しましょう。
⑦お見合い場所

男性は女性の希望場所へお見合いに行くことになります(お互いの中間地点、梅田、難波、京都などを希望されることもあります。女性の最寄り駅となるケースも場合によってはあり得ます。)

見込みがないお申込み・難しいお申込み⇒「ハードルの高すぎるお申込み」へ